【アニメ映画】劇場版ポケットモンスター 第2弾 幻のポケモン ルギア爆誕 動画

フリアニYoutubeアニメ無料動画
【アニメ映画】劇場版ポケットモンスター 第2弾 幻のポケモン ルギア爆誕 無料動画をまとめて紹介しています。


【アニメ映画】劇場版ポケットモンスター 第2弾 幻のポケモン ルギア爆誕  

『劇場版ポケットモンスター 幻のポケモン ルギア爆誕』(げきじょうばんポケットモンスター まぼろしのポケモン ルギアばくたん)

概要・あらすじ

1999年7月17日から公開されたテレビアニメ『ポケットモンスター』の劇場版第2作である。同時上映作品は『ピカチュウたんけんたい』。

製作発表当初はルギアを謎のポケモン「X」(エックス)としか公表しておらず、初期の特報映像でも水面を移動する影のみの発表だった。また、本作が発表された当時はアニメでケンジが登場していなかったため、『犬山犬子のポケモンアワー』などで「サトシとカスミと一緒にいる少年は誰?」などの質問が寄せられた。興行収入62.0億円、1999年邦画興行成績第1位を記録した(配給収入35億円)。 2000年7月には北米でも上映。公開週の興行成績は約2000万ドル。興行収入は4375万ドルと前作の半分近くの成績となったが、北米で公開された日本映画の中で第2位の記録となっている。 キャッチコピーは「命をかけて、かかってこい!!」。予告編でもルギアが同じ台詞を言っているが、本編の台詞にはなく、それを思わせる展開も存在しない。これについて、脚本家の首藤剛志は、「脚本完成前に映画宣伝用として作られたシーンであろう」と述べている。なお、このセリフは後に『ポケモン不思議のダンジョン 青の救助隊・赤の救助隊』にて、ダンジョンのボスとして登場するルギアのセリフに使われており、『ポケモン・ザ・ムービーXY 光輪の超魔神 フーパ』のサントラでもこのセリフが使われている。 本作はほとんどのシーンに海が登場している上、ラストシーンでは豪快な海のスペクタクルが起きているが、作画は手書きが大半を占めていた。彩色作業がデジタル方式に移行されているのは本作からである(一部シーンのみ)。 作品全体としては、豪快なアクションシーンを多用した「分かりやすい」子供の視点から楽しめるものとして作られた。しかし根底には、「他者の共生」「大人たちの行き過ぎた個人主義の功罪」について取り上げた社会的命題の提示部分も存在するという、隠されたメッセージを探求する大人の視点にも対応した「全年齢対象」の映画であった。しかし、前作が「自分自身の存在に対する疑問」や「クローンの人権問題」をストレートに語ったのに対し、今作はアクティブな展開を重視したストーリー構成に飲み込まれてしまい、そうした命題が一見しただけでは受け取りにくく、前作より評価され辛かった。本作では深層海流が物語の重要な要素となっている。 時系列は第106話以降である。 また、パンフレットの付録として作中に登場するミュウのポケモンカードが付けられている。



「海の神、破滅を救わんと現れん。されど、世界の破滅を防ぐことならず」――コレクターを自称し、飛行宮に暮らすジラルダンは、伝承にのみ現れる海の神「ルギア」を狙っていた。しかし、ルギアを呼ぶには火の神ファイヤー、氷の神フリーザー、雷の神サンダーを捕らえる必要があり、手始めにファイヤーを捕まえる。その頃、遠く離れたマサラタウンでは、夏に雪が降るなど異常気象が起こり、ポケモン達も不穏な動きを見せ始める。 みっちゃんの船でオレンジ諸島巡りをしていたサトシ達は嵐に見舞われ、オレンジ諸島の海の果て、アーシア島に流れ着く。島は年に一度のお祭りの日で、島民からも温かく迎えられる。その中にはみっちゃんの友人ヨーデルと、その妹で祭の巫女を担当するフルーラもいた。その日の晩、宴席でサトシは祭事の一環としてフルーラに「操り人」に任命され、「沖にある三つの島の宝を集め、本島に置く」という役を引き受ける。サトシは朝を待たずに早速みっちゃんと共に島へ行くが、海は荒れており、心配したフルーラ姉妹、カスミ、ケンジも後を追う。 6人、そして勝手についてきたロケット団は船が破損しながらも炎の島へたどり着き、サトシも宝を手に入れる。すると、そこにいるはずのないサンダーが、主のいない島を支配するという名目でやってくる。程なくしてジラルダンも現れ、サンダーを捕らえるが、サトシ達も乗ってきた船ごと飛行宮に幽閉される。フリーザーだけが残されたことで自然のバランスが崩れた世界は氷に包まれ、何かをせずにはいられないポケモン達も次々と本島へ向けて集結し始める。 夜が明け、姿を現したフリーザーを捕まえるべくジラルダンは飛行宮から火炎弾を打つが、宮内ではサトシ達がサンダーとファイヤーを解放することに成功する。それと同時に飛行宮は制御不能になり、雷の島へ不時着。サトシ達も宮外へ逃げ出し、暴れる3匹の神の攻撃をかわしつつ、船に乗り込む。船は危うく滝の下へ転落しそうになるが、海中から現れた謎の水柱に助けられ、本島にたどり着く。サトシは本島の祭壇に炎の島と雷の島の宝を置くが、神々が暴れながらこちらへ迫ってくる。 遂に本島までやってきた3匹の神の前に、遂に海底からルギアが姿を現し、本島への攻撃を防ぐ。ルギアは3匹を鎮めようと抵抗するが、失敗し、海中へ墜落する。何も出来ず静観する彼らに、本島で暮らすヤドキングはこう語る――「優れたる操り人現れ、神々の怒り鎮めん限り…」――既に2つの宝を手に入れたサトシが「優れたる操り人」に適任であろうと言われるが、彼は躊躇する。そこで伝承の続きを思い出したフルーラが祭りの笛を吹くと、ルギアは回復し、サトシに語りかける。海の笛はルギアを回復させるが、3匹を鎮めるならば、3つの宝と笛の音色を調和させなければならない、そして、優れたる操り人に最も近いのが、サトシであるという。 決心したサトシは、ルギアと共に氷の島へ凍った海を渡るが、暴れ回る3匹により、行く手を阻まれる。しかし、サトシにばかりいい思いをさせたくないと考えたロケット団は、墜落した報道ヘリのローターを救命ボートに付け、彼を助けにやってくる。氷の島の宝を入手して安心したのも束の間、今度は3匹の神が氷の島へ来る。混乱の最中、サトシはルギアの背に乗って氷の島を脱出するが、ジラルダンの捕獲装置がルギアを捕らえる。ルギアはジラルダン宮を破壊するが、力尽き、再び海へ墜落する。 世界が混沌の様相を呈する中、サトシは3つの宝を本島の祭壇に供える。宝に呼応した祭壇の上でフルーラが笛を吹くと、世界は元の姿を取り戻し、3匹の神も平静を取り戻す。復活したルギアはサトシの働きに感謝しつつ、自然の要となる深層海流を司る自らの存在が世界にとって幻であり続けることを願い、再び海へ帰ってゆく。



 




■カテゴリ:[アニメ映画]
今期アニメ
カテゴリー

ページの見方

■リンク
 分割なしリンク
  分割リンク
予備リンク
予備リンクは内容は同じです。



当サイトについて

当サイトはyoutube等の動画共有サイトへのURLをまとめたリンク集です。
動画のアップロード、またはそれを推奨・援助する行為は一切行っておりません。
動画・画像・音声等の権利は、動画の著作者・団体に帰属しております。
尚、当サイトをご利用頂くことにより何らかの損害が生じた場合でも、当サイトでは一切の責任を負いませんのでご了承ください。
" width="100%" height="60" frameborder="0" scrolling="no">

ドラマ



フリアニYoutubeアニメ無料動画まとめ >