【アニメ】スラムダンク (1~60話) 動画

フリアニYoutubeアニメ無料動画
【アニメ】スラムダンク (1~60話) 無料動画をまとめて紹介しています。


【アニメ】スラムダンク (1~60話) 

『SLAM DUNK』(スラムダンク)

概要・あらすじ

井上雄彦による高校バスケットボールを題材にした少年漫画作品。『週刊少年ジャンプ』にて、1990年(42号)から1996年(27号)にかけて全276話にわたり連載され、アニメやゲームも制作された。通称『スラダン』。

中学3年間で50人もの女性にフラれた高校1年の不良少年・桜木花道は背の高さと身体能力からバスケットボール部の主将の妹、赤木晴子にバスケット部への入部を薦められる。彼女に一目惚れした「初心者」花道は彼女目当てに入部するも、練習・試合を通じて徐々にバスケットの面白さに目覚めていき、才能を開花させながら、全国制覇を目指していくのであったが・・・。

本作は連載が唐突に終了した。物語がインターハイのトーナメント戦の途中にあり、後の対戦相手かのように登場した名朋工業高校、愛和学院高校、大栄学園高校らとの試合は描かれないままの終了であった。

連載について作者は本誌のあとがきで「続きはやりたい」とコメントを残している。本誌上では最終ページに「第一部完」と書かれており、ジャンプ・コミックスの紹介でも既刊扱いとされている。なお、単行本の最終回最終ページでは、本誌とは異なり「第一部完」の言葉がなく、最後に作者のあとがきが載せられている。また、『ジャンプ』とコミックでは最終話の台詞が若干異なっている。

井上は連載終了について「インターハイの組み合わせを作った時点で山王戦が最後と決めていた」「トーナメント表を出したからには決勝まで行くっていう決まった道はもう進みたくない」「前の試合よりもつまんない試合は絶対描きたくない」「山王戦より面白い試合は描けないと思っていた」「テンション高いところで終わらないと、作品にとって不幸になっていく」と語っている。続編については「あるかもしれない」という含みのある発言をし、自身の公式サイトでは「描きたくなった時に描く」と言っている。

テレビ朝日系列にて1993年10月16日 - 1996年3月23日に放映。全101話+SP版2話。製作は東映動画。ナレーションは木暮公延役も務めていた田中秀幸が担当した。

放送終了から7年後の2003年に、大手スポーツウェアメーカーデサント製による登場人物の桜木花道、流川楓、赤木剛憲、三井寿、宮城リョータと同じコスチュームが付属する限定版DVD-BOXが発売され、後に単巻発売された。また、2008年にも登場人物の花道、牧紳一、仙道彰と同じコスチュームが付属する限定版DVD-BOXが発売され、湘北高校、海南大付属高校、陵南高校の選手のコスチュームも期間限定で特注販売された。

第21話と第22話の間に放送されたSP1は、第21話までの内容をダイジェストで約45分にまとめ、木暮、晴子、彦一らが回想するという内容であったが、本放送以降はほとんど再放送されておらず、DVDにも収録されていない(フジテレビTWOでは1度だけ放送された)。また、第61話と第62話の間に放送されたSP2に至っては、本放送以降は1度も再放送されておらず、こちらもDVDに収録されていない。

放送終了から18年後の2014年には、オープニングアニメーションに登場する鎌倉高校前駅付近の踏切が台湾からの観光客の人気スポットとなっていることが報じられた。
スタッフ

プロデューサー - 岩本太郎(テレビ朝日)、中村重喜(電通)、籏野義文→西沢信孝、佐藤公宣(東映)
原作 - 井上雄彦
製作担当 - 松下健吉、岡田将介→藤本芳弘
音楽 - 増田隆宣(第1話 - 第69話)→BMF(第70話 - )
音楽協力 - テレビ朝日ミュージック
キャラクターデザイン - 佐藤正樹
チーフアニメーター - 大西陽一(第82話 - )
美術デザイン - 坂本信人
シリーズディレクター - 西沢信孝
仕上 - スタジオポッケ、スタジオマーチ、スタジオボギー
色指定 - 塚田劭、平井典子、黒田進
特殊効果 - 岡嶋雄二、山本公、前川孝
撮影 - 三晃プロダクション
編集 - 西山茂
録音 - 池上信照
音響効果 - 伊藤道廣(E&M→サウンドリング) → 石野貴久(サウンドリング)
選曲 - 渋江博之
記録 - 小川真美子 → 原芳子
演出助手 - 中村哲治、渡辺健一郎、金子伸吾、松川智充、多田俊介、冬野徹也、森一敏、春野徹也、池田洋子
製作進行 - 坂本憲生知、広瀬公一、森山義秀、山本善之
美術進行 - 北山礼子
仕上進行 - 荻野光雄、山本花夢、喜多川育子
広報 - 丹羽敦子→奥村彰浩→吉田香絵(テレビ朝日)
録音スタジオ - タバック
現像 - 東映化学
制作協力 - 電通
制作 - テレビ朝日、東映動画

主題歌

当時はビーイング系全盛期にあり、全曲においてビーイング系アーティストが起用されていた。
オープニングテーマ

「君が好きだと叫びたい」(第1話 - 第61話)
作詞 - 山田恭二 / 作曲 - 多々納好夫 / 編曲 - 明石昌夫 / 歌 - BAAD
サウンドトラックで収録していた「ENDLESS CHAIN」は、メンバーでもあった大田紳一郎による作曲。
「ぜったいに 誰も」(第62話 - 第101話)
作詞 - 高山征輝 / 作曲 - 織田哲郎 / 編曲 - ZYYG / 歌 - ZYYG

エンディングテーマ

「あなただけ見つめてる」(第1話 - 第24話)
作詞・作曲 - 大黒摩季 / 編曲 - 葉山たけし / 歌 - 大黒摩季
「世界が終るまでは…」(第25話 - 第49話)
作詞 - 上杉昇 / 作曲 - 織田哲郎 / 編曲 - 葉山たけし / 歌 - WANDS
「煌めく瞬間に捕われて」(第50話 - 第81話)
作詞 - 高橋美鈴・川島だりあ / 作曲 - 川島だりあ / 編曲 - 明石昌夫 / 歌 - MANISH
「マイ フレンド」(第82話 - 第101話)
作詞 - 坂井泉水 / 作曲 - 織田哲郎 / 編曲 - 葉山たけし / 歌 - ZARD



(Wikipediaより引用)


 




■カテゴリ:[アニメ]
今期アニメ
カテゴリー

ページの見方

■リンク
 分割なしリンク
  分割リンク
予備リンク
予備リンクは内容は同じです。



当サイトについて

当サイトはyoutube等の動画共有サイトへのURLをまとめたリンク集です。
動画のアップロード、またはそれを推奨・援助する行為は一切行っておりません。
動画・画像・音声等の権利は、動画の著作者・団体に帰属しております。
尚、当サイトをご利用頂くことにより何らかの損害が生じた場合でも、当サイトでは一切の責任を負いませんのでご了承ください。
" width="100%" height="60" frameborder="0" scrolling="no">

ドラマ



フリアニYoutubeアニメ無料動画まとめ >